本好きのヤセで50からジム通ってますが何か?

みずからの体験に基づき、筋トレ、ダイエット、自転車、本をゆるく書きます。

リングフィットでスッキリ爽快!?

今回の記事は、Nintendo Switchの、リングフィットアドベンチャー、やってみたら結構キツくていい感じでした、の巻です。

 

f:id:hyoga67:20191126220056p:plain

リングフィットアドベンチャーとは?

Nintendo Switch専用フィットネスアドベンチャー、だそうです。

Switch、家にあり、ゲームは多々ありますが、私はほとんどやってませんでした。

 

リングフィット アドベンチャー -Switch

リングフィット アドベンチャー -Switch

 

 

面白そうなので買ってみました。

箱を開けるといきなり、

「筋肉は一生の相棒」

の文字が。

もうこれだけでも私、感激!

スバラシイです!

 

f:id:hyoga67:20191126220208p:plain

筋肉は一生の相棒

適当に画像を加工して遊んでいたら、今日の日付(フィルムのエフェクト)まで入ってました…。

 

やってみた結果は?
楽しく運動できます!

これまでのフィットネスのゲームと違うのは?


RPGアドベンチャーゲームなこと、と
リングコンと呼ばれる丸い輪っかを使うこと、
と思います。

リングフィットで運動?子供だましか?

結構まじめに?作ってあります。
レーニング監修:松井薫/ヨガ監修:斉木美佳

ということで内容はかなり本格的です。

気に入ったのは、
やり始めはダイナミックストレッチ、
終わっての

クールダウンはスタティックストレッチ

になっていて、ちゃんとしてるわ!と感心しました。

他にもちょっとした隙間に、筋トレのいい話がでてきたりして、ここも素晴らしい、と思いました。

でもパートナーに、このゲームの解説いいね!と同意を求めたら、
「普段からアンタから聞いてる話ばっかりだから、新鮮味はないね」とのこと。
会話内容、そんなに健康ネタ、筋トレネタばっかりだったかなあ。

どこがいいのか?

これまでのゲーム機のフィットネスに比較し、満遍なく、筋トレができます。
下半身はスクワット、
リングコンの押し引きで上腕三頭筋、背筋
腹筋の動作もあり、
さらに体幹のためにヨガのポーズまであります。

特に上半身がこれまでのフィットネスゲームだと、負荷がかかりづらいですが、リングコンが補ってます。


効果あるの?

筋肉痛、なりました。上腕三頭筋が。
後は、マウンテンクライマーやって吐きそうになりました。

なぜか。

いざゲームやり始めたら、全力と言うか、ゲーム内の指示の倍、動いたりしたせいです。

画面にお手本を示す、ミブリさんという人の映像が出るのですが、マウンテンクライマーとかで、そのミブリさんの三倍やってやる、というつもりでお手本の倍以上、がんばりました。

マウンテンクライマーは、今までタバタプロトコルのメニューに入れていたので、自動的に限界までがんばるスイッチが入ったようです。
マウンテンクライマー、食べてすぐその勢いでやったら、腹部が圧迫され、吐きそうに。

パートナーによると私がやっている時は、「ミブリさんより速いっ!」とかなんとか言っていてうるさい、とのことでした。

注)ミブリさんと速さを競うゲームではありません。

押し込むリングコンは毎回になるくらいつぶしてました。

リングコンは結構丈夫で私が思いっきりつぶしてみても大丈夫です。
結果上腕三頭筋もめでたく2日後に筋肉痛に。
普段ベンチプレスとダンベルプレスだと大胸筋ばっかり筋肉痛でした。上腕三頭筋が筋肉痛になったりしませんでした。
これはベンチプレスで上腕三頭筋をもっと動員できるヒントに違いありません。

おまけに交通事故の易疲労性のおかげで、リングフィットやった後はぐったりです。

パートナーからも、全力でやるから…、と呆れられました。
やってる最中に、ミブリさんと同じ速度でちゃんとやれ、とヤジられていた気がしましたが、聞こえておらず、少なくとも倍の速度を常に目指しました。

しかし

ミブリさんより速くやっても、

ゲーム的に何も得点とか増えるわけではありません。

←繰り返しますが、そういうゲームではありません。


また、ヨガの英雄のポーズがパートナーには効いたみたいで、やったら腹斜筋が満遍なく筋肉痛になりました。お腹周りがコルセットしたみたいな範囲が痛い、と申しておりました。

でもRPG要素満載

このゲームのポイントはRPGでもある点です。

敵と戦うとき、スクワットすると敵にダメージが与えられます。スクワットや英雄のポーズをきちんとすると、コントローラのジャイロセンサー、加速度センサーにより、姿勢が評価され点数化されます。点数が高いと敵へのダメージも増えます。

こんな内容は今までありそうでなかった気がします。

また、RPGは画面内の道路を走るのですが、リングコンの押し込みで空気砲のようなことができ、面白いです。

私は「ここで打ってね」という指示と関係無く、リングコンずっと押し込み続けてました。だから疲れたのか。

ここまでリングフィットの様子を書いて、つくづく

ゲームの指示に従ってない、とわかります。
なので?RPGは私には合わないようです。

カスタムモードあり

RPGが合わない、私のような人にも、特定の部位を狙って鍛える、カスタムモード、というものが用意されています。

筋トレは自分ひとりでやろうと思っても、なかなか定着しません。
私は起きたらすぐ、弱い左側の臀筋鍛えるため、片足ヒップリフトやってましたが、やらない日も出てきたりします。

 でもカスタムモードでヒップアップ、があり、ヒップリフトも入ってました。

画面の指示で強制的にやります。このあたりは普通のスマホの筋トレのアプリと同じかもしれません。

 

50代は筋力が衰える?

ランニングの雑誌を読んでいたら、
50代は体幹、腹筋、背筋、臀筋、が走ってるだけでは補えないくらい筋力が衰える
だから意識して筋肉を鍛えないと、という記事をこの雑誌で読みました。

 

 

以前から、自転車乗る時も、走る時も、体幹は必要、となんとなく思っていたので、対策としてアブローラはやってます。

 

 これ静かでいいです。

 

しかしリングフィットを続けると、筋トレがラクにできるかもしれません。

 

リングフィットアドベンチャーでジム要らずか?

私から、

「筋肉は鍛えないと衰える、だから意識して鍛えないとひざ痛くなったり歩けなくなったりするよ」と普段から脅されているパートナーは、このゲームの面白さにすっかり夢中になっています。

しまいに私に、「これあればジムいらないんじゃ?」とか言っています。

しかし私はやはり自分でメニューを考えてやっていきたいので、時々遊ぶ程度になると思います。でも面白いけど。

リングコンは手軽に上半身に負荷を与えられるので、画期的です。

でも私には100kgのバーベルの世界がやはり必要です。

 

今回の記事は、リングフィットアドベンチャー、やってみたら結構本格派で面白いですよ、という内容でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

ジム通いは楽しい!、記録が伸びるともっと楽しい!

今回の記事は、交通事故と入院で2ケ月のジム通いのブランクがあった52歳が、退院から4カ月半でどこまでベンチプレスの筋力が戻ったか、の巻です。

ジム自体は50歳の時に入会しました。入会から2年経ちました。途中五十肩になったりしたので入院以前にも半年弱のブランクがあります。

結論から言うと、予想では2ケ月で戻す、つもりでしたが、結局4カ月半かかりました。ただし、今は交通事故前よりも、良い状態です。

さらに、相変わらずジム通いは楽しいです。

記録が伸びればさらに楽しいです。

どこかのフィットネス関連の記事で、自分の記録を公開することは、張り合いが出るため良い効果がある、とかなんとか読んだことがあります。

自分の記録はしょぼいので、載せる意味がわかっていませんでしたが、公開してみます。

イラストは暗闇フィットネス、だそうです。今回の記事と関係ないですが、面白いので入れてみました。いらすとやさんは、流行を取り込むのが速いですね。

f:id:hyoga67:20191122193844p:plain

 

退院後のベンチプレスのMAX換算値の様子

ベンチプレスのメインセットの重量と回数から、MAX値を算出してグラフにしました。退院後の4カ月半の推移です。

MAXの換算方法は色々あるようですが、次の式にしました。

MAX換算値 = ( 重量 × 回数 ) / 40 + 重量

昨日はベンチプレスのメインセットが92.5kgで8回挙がったので、式に当てはめると、

(92.5×8)/40 + 92.5 =  111kg

となります。

MAX重量自体を最近はほとんど挙げませんが、大体実感と近いのでこの式にしました。

なお、ベンチプレスのやり方は、

尻はベンチにつける(尻を浮かさない)、バーは胸につくまで降ろす、バーを胸でバウンドさせない、やり方にしています。補助者もつけていないので、苦しくなったら補助者に挙げてもらう、もやっていません。

なお私の体重は73kgです。

f:id:hyoga67:20191122194244p:plain

退院後のベンチプレス MAX換算値の推移

 

 退院する前に、担当医にジムに行っていいか確認したところ、様子を見ながらムリしなければ良い、といわれたので筋力が弱った脚のマシンによるリハビリも兼ねて、ジムに通っています。

私のやり方の説明

ざっくりしたサイクルに分けてます。

上記の期間は、9月中旬まで1サイクル目としていました。今は11月で2サイクル目です。

サイクルが終わると(ちょっと)休養期間を入れて、重量を下げて次のサイクルに移ります。

7月は退院直後でメインセットは80kgからスタートしていました。

しかし事故前はメインセットは95kgでやっていたので、7月が伸びたのは当然に見えます。

8月は、

仕事の時間外が増えた、

寝る時間が減ったら脳外傷の易疲労性の症状が強く出た

こともあり全くの横ばいです。

9月で一旦メインセットは90kgにしましたが、サイクルを終えました。

 

1サイクル目の反省と変更点

交通事故で2ケ月入院で中断したけど、すぐに取り戻せるぜ、という根拠無き思いで進めていましたが、思いっきり思惑と結果はずれました。

一番大きな影響がある、と思ったのは、易疲労性の症状です。

ともかく疲労感を感じました。

なのでやり方を見直しました。下記です。

①ウォームアップの回数を減らす

②やる日数を空ける

③挙げ方、フォームを変える(少し試行錯誤した)

④肩と胸のストレッチの量をちょっと増やす

⑤睡眠時間をちゃんととる

 

 

2サイクル目の好調の理由は?

結果、2サイクル目はいい調子になっています。

好調の理由としては前述の変更が効果があったと思っています。

それぞれ書いておきます。

①はメインセット前のウォームアップでも8回とか、以前は普通にやっていました。しかし目的は疲れずに暖めることなので、メインセット前の重量は4回とかにしました。

効果のほどは?わかりませんが、今はこの方がいい気がします。

 

②、ですが、事故前は週に4回やったり、2日連続でやったり、結構な頻度でやっていました。それでも2日連続の2日目の方がいい記録が出たりしてました。

今はこのような頻度はムリです。

なので間隔を空けるようにしています。長い時は中5日の時もあります。

今の私にはこの間隔がちょうど良い回復になっているようです。

年齢相応というか。

でも事故前にけっこうな頻度でやっていたのが長い目で見て今成果になっているのでは、とも思っています。

短期的に効果がすぐ出ない場合もよくある感覚なので。

 

③の挙げ方ですが、バーの軌道、降ろす位置など試行錯誤して力の入る方向を模索する、と言った方が正しい感じです。

今はなんとなくですが、力が入る方向がちょうど良い感覚があります。

ジムで120kgで10回挙げる人とか何人か見かけますが、挙げ方がなんというか、キレイです。イメージはそのような挙げ方です。

 

④は今は肩の違和感が無くなってます。挙げる重量には影響しませんが、不安感なく力を入れられます。

 

⑤は効果のほどはわかりません。寝不足気味でジムに行ってもなんかシャキッとしていい記録が出ることもあるので。

ただし、そういう時はベンチプレスで脚をふんばる時、疲労から脚がつったりします。

自分でも笑えます。

 

ジムは楽しい!記録が伸びるともっと楽しい!

ジムに行く時、とてもわくわくして早く着きたくてしょうがありません。

ただし、メインセットをやる時は少し不安になります。

疲労感を感じて途中で潰れるんじゃないか?

記録が伸びないんじゃないか?

等…。

でもそんな時はサントリー創業者の言葉を思いだし、やる気がでます。

「やってみなはれ。やらなわからしまへんで。」

と。

1人の50代が好きでやっているしょぼい重量のベンチプレスと、国内初のウイスキー製造販売、などの新規事業を始める話とはまったくスケールが違うので比較にもなりません。

でもいい言葉だと思います。

 

今回は入院でジム通いが中断した52歳が、どの程度筋力を取り戻したのか、という話でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

ドクターストレッチに通ってみて

今回の記事は、私がストレッチ専門店の、ドクターストレッチに通った時の様子になります。参考になれば。

f:id:hyoga67:20191119210741p:plain

 

どんなところ?

担当の方が手や脚を持って、色々な方向にストレッチしてくれます。

料金は?

時間で料金が決まってます。
初回半額、や15分間無料、などやってますので試しやすいです。

整体やマッサージと同じくらいの料金ではないでしょうか。

勧誘はしつこくない?

これは他の方のレビューにもありますが、次回以降の予約を打診されます。
気に入ったら続けれはいいし、断ってももちろん大丈夫です。

私は最初からしばらく続けるつもりで行っていたのでその期間は続けました。

ストレッチする担当の人はどんな人?

若い人が多い印象です(私から見たら)。
ストレッチしながらいろいろ話しかけてくれるので気楽に受けられます。

皆さん丁寧ですが、かしこまった感じでもなく、いい印象を持つ対応をしてくれます。

私はこれまで3人の担当、2つの店舗を利用しました。
概ねやり方は一緒です。
ただし、強さは個人差は少しありました。
これは言えば調整してくれます。

 

良いところは?

自分でできないストレッチができるところ。
かたいところなどフィードバックをもらえるところ。
通うとストレッチが習慣化しやすいところ。

 

自分でできないストレッチは、やっぱり自宅ではやりづらいので、行ってよかったと思います。

フィードバックも受けて、カラダの状態がわかってよかったです。

ランニングをやっていましたが、回復が追いついていない感覚がありました。

ドクターストレッチに行って感じていることを指摘されました。

他は筋肉ごとの左右差とか会話する中で、自分の癖があることがわかりました。

自分のカラダの状態は、自分の感覚でわかっているつもりですが、フィードバックを受けると、感覚との差に改めて気づくこともありました。

 

あとは定期的に通っていると、自分でもストレッチを進んでやるようになっていました。

これはどうかな?

特に気になることはありませんでしたが、しいて言えばちょっと強めかな、と思います。

 

私が行った理由は?

ジムに行ったりする前だったのですが、ランニングをやっていて、自分でできないストレッチを受けてみたくなったから、

と、

自分の体について、フィードバックを受けてみたくなったのでした。

目的は達成できました。

臀筋が硬い、という指摘を受け、ランニングをしているのに、ストレッチしていない、事にその時に気づきました。

ハムストリングスとか、足底筋とかは意識してやっていましたが…。

半年くらい10回程度通いました。

さらに良かったこと

右肩がずっと昔の五十肩の影響で可動域が狭くなっていましたが、ドクターストレッチで自分でできないようなストレッチで、かなり改善しました。

注)五十肩になった人がストレッチで治る、という話ではありません。

右の五十肩はずっと前になってなおっていました。

整形外科に行って痛みは無くなり、また日常生活に支障はありませんでした。
しかし可動域は狭くなっていました。

実はこのころからジムには行きたい、と思っていました。
が、この右肩の状態だとちゃんとバーベルを扱えない、と思い、半ば諦めていました。

ストレッチで動きが良くなったので、実は肩部分が硬かっただけでしょう。

まあ、マジメに右肩を治すように考えて対応していれば、ドクターストレッチに行かなくとも可動域が改善したかもしれませんが…。

この場合はストレッチの効果がありました。

可動域が改善したので、ジムに入会しました。

他の記事に書いているとおり、左肩も五十肩になりました。左肩は整形外科で理学療法士によってリハビリでよくなりました。本来はこの方法が正しいと思っています。

右はある程度治っていたので放置してしまっていました。

おまけ1:スタティックストレッチで筋力が下がる?

既にいろんな記事で紹介されているので、ご存知の方も多いと思います。

スタティックストレッチをやると、筋力などのパフォーマンスが下がる、という研究がたくさんあります。

ただし、ストレッチをやっている時間も影響して、45秒以下だとほとんど影響が無い、が、90秒以上だと明らかな低下となる、とのこと。

まあそんなに長い時間伸ばしたりしないと思いますが。

なので、筋トレ前に長い時間伸ばすストレッチはやらない方がいい、となります。

おまけ2:私が感じるストレッチのいいところ

リラックスできるところでしょうか。

寝る前にやると眠りそうになってきます。

おまけ3:ストレッチの本

ストレッチの本はあまり受けないのだそうです。

でも最近は事情が変わってきているようで、いろいろありますね。

この本のストレッチ、全部やっていると時間が足りませんが、自分にとって重要と思えるものはやるようにしています。

 

ザ・ベストストレッチ――自分にいちばん効くストレッチ

ザ・ベストストレッチ――自分にいちばん効くストレッチ

 

 

 

 

今回の記事は、ドクターストレッチに行ってみてどうだったか、という内容でした。参考になれば。

記事書いていて、また行きたくなりました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ジムに50歳で入会したときの記事です。

ジムに入ったら、私よりセンパイかつデカイ人が沢山いました。

 

gym-kintore.hatenablog.com

 

 

ラクなカラダの使い方で不調が改善?

今回は最近読んだ「疲れないカラダの使い方図鑑」の本の紹介です。

f:id:hyoga67:20191117180813p:plain

カラダの使い方ってちゃんと習ったことがないので、誤解していることが多いですが、この本を参考にしたら、楽になりました、という内容です。

 

イラストでわかる疲れないカラダの使い方図鑑

イラストでわかる疲れないカラダの使い方図鑑

 

 

私は肩の動きがよくなって、さらにイスに座って仕事するのが楽になりました。

左肩の動きに違和感が無くなった

私は左肩が五十肩(!)になり整形外科に行き、理学療法士の方とリハビリをやって元の動きに戻りました。

が最後まで左肩はちょっとひっかかった動きになっていました。

この本の冒頭に

「腕のつけ根はどこでしょう?」

という質問があります。

どこでしょう?

私は腕の付け根は肩、だと思い込んでいました。

でも腕の付け根は実は

鎖骨のつなぎ目、カラダの中心部に近い位置

になっている、と。イラストでわかりやすく書いてあります。

あっ、鎖骨のつなぎ目、カラダの中心部なんだ、と図を見てわかったら

左肩がラクに動かせました。

今までは肩の付け根だと思い込んでいて、その

思い込みのせいで動きがおかしかったんです。

急にラクに左腕が動かせるようになってびっくりです。

左肩自体はもう五十肩治っていて、動かしかたが思い込みのせいで、ラクにできていなかっただけだったのでした。

ちょっと衝撃を受けました。

一緒にリハビリやっていた理学療法士の方といろいろ考えながら動かす練習していましたが、まさか思い込みが障害になっていたとは…。

50歳すぎてカラダの使い方を新たに習うことになって、ちょっとしたインパクトがありました。

 

イスに座るのがとてもラクになった

それじゃ本に載っている、ラクな動きを他にも試してみよう、と思いました。

私は仕事で顧客先に行ったりすることも週何度もありますが、

イスに座っている時間は結構長いです。

昔から体幹が弱いと思っていてイスに座る時は

筋力が無いとまっすぐ座れない、と思っていました。

なのでイスに座る時は基本、背もたれによりかかってました。

本の図のとおりに座ってみると、とてもラクです。

背もたれに寄りかからず、かつ

筋肉もそれほど使わずラクにいい姿勢で座れます。

これも驚きました。

いい姿勢になるには、筋肉をたくさん使って支える必要があると思い込んでいましたから。

本の解説を一部載せると、

バランスが悪いと姿勢を保つのに筋肉に負担がかかる、

でも

バランスを保つと筋肉に頼らずとも安定させることができる、

と。

本の中では「骨で立つ」という説明になっています。

今ではイスに座っているときは背もたれに寄りかからず、いい姿勢で座れます。

かつ余計な筋肉の負担もありません。

 

無駄力とは?

この本では、普段無意識に「無駄力」を使ってるので、何が問題点か、明からにして、良い姿勢のヒントを 図でわかりやすく解説してくれています。

なので図を見てすぐにラクなカラダの使い方がわかります。

たとえば、良い姿勢を保つのに背中を意識しすぎて背中の筋肉が緊張してしまう、のが無駄力なのだそうです。

私はずっと

良い姿勢には、

体幹の筋力が無いとできない

と思い込んでいました。

本の図を参考に

一日いい姿勢で座っていますが、

今は背中は疲れません

本によると

カラダの使い方は教わったことがなく、

5歳くらいに習得した使い方のまま

であるため、無駄力を使ってしまうのだそう。

確かにこのような体の使い方は教わったことがありません。

アレクサンダー・テクニークとは?

この本のベースは、100年以上前のオーストラリアの俳優、フレデリック・M・アレクサンダー氏が考案したカラダの使い方の技術「アレクサンダー・テクニーク」が元になっています。

俳優だったのに声がうまく舞台で出なくなっていたアレクサンダー氏は、無意識の筋肉の緊張を取り除くことで声の不調が改善。その技術があらゆる不調に適用されるようになりました。

知ったきっかけは、エレキギターを弾く時に、カラダをうまく使う方法を模索していた時でした。

f:id:hyoga67:20191117182427p:plain

演奏家向けのためにカラダの使い方をよりよくする方法として何度も目にしました。

ただ、色々アレクサンダー・テクニークの本を読んでみたのですが、本だけだと私にはわかりにくかったです。

カラダの使い方を文章だけで説明されてもさっばりわかりません。

この本はほとんどが

図で説明してあり、

とてもわかりやすいです。

本の著者は一万人を超える人たちのカラダの不調に接してきた、とのこと。

なので、普通の人が困っていることを的確に捉えているので読みやすかったです。

 

今回の記事は、ラクにカラダを使う方法で不調を改善できる本の紹介でした。

もし、カラダの不調で気になることがあれば、参考になるかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

私が五十肩になったときの過去記事はこちらです。

このブログは、50からジム行っている…、というタイトルのブログですが、50から整形外科行ってる、というタイトルになるところでした。

 

gym-kintore.hatenablog.com

 

 

冷たーい!でもよく眠れる?

今回の記事は、温冷浴というものを試して、良い眠りに効果があるみたい、という記事です。
 

f:id:hyoga67:20191116144608p:plain

 


私は、5月に交通事故にあい、脳外症となったため、易疲労性という疲れやすい症状があるようです。
 
寝る時間は確保して、回復につとめていますが、残業が続くと結構な疲労感になってました。
これは歳のせいとも感触が違う…。事故前はこんな感触はなかったので。
もう少しよく寝れば疲れ方も変わるはず、もっとより良く眠れるはず、という感覚をなんとなく持っていました。
 改善するため、より良く眠る方法を探りました。 


ストレスのせい?

仕事先ではストレスチェックテストというアンケート式のテストを定期的に受けることになっています。
ストレステストの結果は、毎回同じなのですが下記です。
・ストレスフルな環境で働いている
・しかしストレスは感じて無い
そうなのか?
アホみたいに見えますね!
リラックス が下手なはず!ストレス感じてないワケないと思いますが…。
マッサージとか受けると、アタマ固くなってますねー、とか肩ガチガチですねー、とかよく言われるし!
まあ自分で思っているイメージと、実際の自分とは常にギャップがあるんでしょうが。
自分では自分のことを映画の中の高倉健さんみたいに、寡黙、と思っていました。
しかし、リハビリ専門施設に入院中、カルテシステムには、私の性格が「多弁」と書かれていました。理学療法士の方にそうなんですか?と確認(抗議?)したら、数秒間再検討した(どう答えるか困った?)後に「多弁ですね」と答えてくれました。理学療法士の方からは、話やすいからいいです、とは言われましたが。
そういえば母からも「入院中はまたペラペラしゃべってんじゃないの?」とか言われましたし…。
 
話を元に戻して…。
 
より良く眠る方法?を探していたところ、
温冷浴、というキーワードがヒットしました。 

温冷浴とは?

温冷浴は、暖かい風呂に入った後、冷たいシャワーを浴びる(または水風呂に入る)を交互に繰り返すものです。
血管の収縮と拡張が繰り返されることで血流が良くなる、のと自律神経のバランスが整う、メリットがあるとされています。
 

www.megalos.co.jp

 
自律神経のバランスをとる、の意味がわかりにくいですが、上記の記事を引用します。


体は温めることで副交感神経が優位になり、体を冷やすことで交感神経が優位になりますが、温冷浴はそれぞれを刺激するので自律神経の活性化がされ、バランスが整う効果が期待できます。


自律神経のバランスをとる、は私全く意味わかってません。
が、なんとなく仕事の緊張状態が続いてると、副交感神経優位である、リラックス状態になっていない、のは実感してます。

今からがんばって副交感神経優位にしてやる〜っ、オリャーッ、あっ副交感神経優位キターッ!とかできないので、別な手段で副交感神経優位、にするのでしょう。
自律神経、は名前の通り意思で自在にコントロールできない、のかな。
 
サウナ に入ってから、冷たい風呂に入るのも同じ効果を期待してのこと。
効果については検索すると色々出てきますが、エンドルフィンが出る、セロトニン値が上昇する、オキシトシンが出るとか研究があるようです。
これも自分で、今オキシトシンがXXXくらい出たね!、とはわかりませんが、気持ちいい感覚になっている、ことはわかります。

 

温冷浴については、検索するとすでに色々な記事がありますね。

 

アスリートのリカバリ
 

青山学院大学の陸上部でリカバリーのため水風呂がある、ということは、この本で知ってはいました。 

青トレ 青学駅伝チームのピーキング&ランニングケア

青トレ 青学駅伝チームのピーキング&ランニングケア

 

 

またスタンフォード大学のトレーニングルームにもアスリートのための温水と冷水のバスタブがそれぞれあるとのこと。

スタンフォード式 疲れない体

スタンフォード式 疲れない体

 


 表紙の方、はスタンフォードの生徒さん?しては若いですね。

 
温冷浴試してみてどうだったか?

温冷浴、試してみました。
試して1週間くらいですが、わたしの場合、元々良く寝ていたのか、まあやらないより良さげ、かな、という感触です。
 
ただし、元々の問題点である、
疲れやすさは劇的とは言いませんが、
改善されました。前と寝ている時間はそう変わりませんが、よりよく眠れたんでしょう。


温冷浴の問題

これは冷たいシャワーを浴びるところでしょう。
家は浴槽は当然二つないのでシャワーです。
 
色々紹介サイトを見ると、
心臓病、血圧に問題ある方はやらない方がいい、とされています。
時間はサイトによりますが、30秒から1分とかになっています。
 
私は交通事故で入院中、当然毎日血圧を測ってました。
上が110前後(低い時は90台)、下が70前後なので平気でしょう。
 
えっ、冷たいシャワー浴びて、寒くないかって?
 
フフッ、何をおっしゃるウサギさん、
ジムで鍛えたこの身体、
シャワーの冷たさ程度で、私が根を上げると思いますか?
やってみると…、キャーッ、
とっても冷たいです!

f:id:hyoga67:20191116150200p:plain

最初時間とか良く見ずに浴びてましたが、時間を計ってみたら、シャワーの冷たさのあまり、30秒もせずに離脱して暖かい風呂に入っていることが発覚しました。
弱っちすぎる…。
冷たいシャワー浴びてる時間はとても長く感じられます。
でも短いと効果は薄れますね。
水ももったいない気がするし。水量は少し抑えて浴びることにしました。
まあ冷たさも慣れればなんとかなる感じです。

 

ちなみに最後は冷たいシャワーで終わることになっています。
最後に冷たいシャワー浴びると今の季節冷えるんじゃ?と思いましたが、暖かさを閉じ込める感じです。あがった後は、最初温まっていれば、寒さは感じません。
 
サウナ にも何度か行ってますが、家で似たようなことができているので、いい感じです。
 

今回の記事は、温冷浴、やってみたらいい感じ、でした。

シャワーの冷たさが万人にオススメといいがたい感がありますが…。

しかし青学もスタンフォードもアスリートのために浴槽が二つあるとはね…。

一般人はむやみにマネしなくていいと思いますが、シャワーでも効果はある、感じです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

交通事故後の影響で疲労感がある、の過去記事です。

 

gym-kintore.hatenablog.com

 


 

簡単にだまされる?

今回の記事は、自分の専門外の話ではカンタンに誤った情報を信じるコトがあるから気をつけないと、という話です。

f:id:hyoga67:20191112211303p:plain

自分が仕事にしている業界のニュースが、テレビとかで報道される時、余りにも間違って報道されている、と感じるコトがありました。

自分が担当している分野であれば、あっこれおかしいよ!と見ながら笑えます。

これは仕事でやっているから実情がわかっているせいですが。

新聞も読み比べると、専門家のチェックを入れている(と思われる)新聞と、そうでない新聞の記事の内容はかなり異なりました。

ひと昔前に比べて差がなくなってきましたが。

報道する人たちは専門家のチェックを入れないと、自分達で適切か、の判断はしにくいのでしょう。

しかし自分が詳しくない分野の情報を受け取っている時、ゾッとします。

簡単にニセの情報にひっかかってるんじゃないかと思います。

私が勘違いしていた恥ずかしい内容は次のようなものです。

誤解1:関節の痛みに効くサプリがあると思っていた

例えば、関節の痛みにサプリを、という話。
自分は効果があるのかと思っていました。
さらに恥を晒すと、保険が効く薬とサプリがどう違うのかもちゃんとわかっていませんでした。

我ながらひどすぎる…。
医療関係者であれば当たり前の話なのででしょうが…。

 

誤解2:βカロチンのサプリ

最近知ったのですが、βカロチンって単純に身体にいいモノかと思ってました。

βカロチンのサプリによる喫煙者の摂取の場合、喫煙者の場合はかえって

肺がんのリスクを上昇させる

研究結果があります。

今のところわざわざサプリで摂取する必然性が無いというコトでしょう。

今後も研究が進んで色々わかるんでしょうが。

誤解3:コレステロールの摂取と血中コレステロール値の関係

ちょっと古い話ですが、アメリカでは、2013年に心臓病学会などが「コレステロールの摂取制限を設けない」としてコレステロール摂取量のガイドラインからの上限値撤廃をしたとのこと。

コレステロールとると、

コレステロール値が上がると信じていましたが、

関係ないんですね。 

食事からのコレステロール摂取量を減らすことで、血中コレステロール値が低下するという明確な証拠がないのが理由、だそうです。

下記の記事読んでようやくわかりました。

www.healthcare.omron.co.jp

 

ちなみに下記はその記事からの引用です。

中性脂肪を増やすのは揚げ物の油や肉などの脂質だと考えがちですが、実際にはほとんどが糖質とアルコールです。糖質は体のエネルギー源となる重要な栄養素ですが、過剰摂取は禁物なのです。

えっ、

脂質をとると

中性脂肪が増えるんじゃなかったの?

という感じでした。 

 

勘違いを無くしていくには?

筋トレ、食事、関連は自分が興味あって情報集めてるのと、実際に自分で試してるので、雑誌でおかしなことを書いてあったりすると、これそうなんだっけ?と気に留めるようにはなってきました。

でもまだまだ知識が足りないんですね。

過去の常識と思っていたことも、研究の成果で新しい常識に変わっていきますし。

勘違いはこれからもあるかもしれません。

対策としては、うーん、

ホントかな?
と半分疑いながら見るしかないんでしょう。
後は複数情報で照らし合わせる、とかかな。

今は検索すると研究成果にもアクセスできるので便利ですね。

この部分だけでも、スゲー進歩です。

 

今回は、自分がよくわからない分野については、勘違いとかあるので、減らすようにチェックしていくといいかな、という内容でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ショック、40代男性の健康余命に10年差がでるモノとは?

今回の記事は、40代の男性の健康余命の話です。

 

f:id:hyoga67:20191111204313p:plain

健康余命は、介護なく生きていける残りの年数のこと。

要は調査結果で、配偶者、パートナーがいる場合に比較して、40代男性で1人(離別含む)の場合、健康余命が10年短い、という話です。

女性の場合、差はほとんどありません。

調査結果は、健康寿命、離別、婚姻、で検索すると出ます。

突然オマエは何を言ってるのか?
という感じですが、きっかけはこの本です。

 

妻のトリセツ (講談社+α新書)

妻のトリセツ (講談社+α新書)

 

 

この本の終わりに、結婚してる方が健康寿命もはっきり変わるよ、と調査結果が載っていたのです。

試しに検索したら調査結果が出てきました。

普段私は、適切な食事量、筋トレ、有酸素運動、で健康になるかな、という記事を書いてます。

しかし健康余命に影響があるモノ、はちょっと置いておけません。

本当にそうなのか?

個人的に思ったことを書いときます。

妻のトリセツとは?

本の内容が記事の主眼ではないのですが、一応解説。

この本は、仕事頑張って、家事もやれる範囲でやっているのに、なんか怒られる!
みたいな男性向けの本です。

著者は人工知能研究者、脳科学コメンテーターとのこと。

脳科学コメンテーター…、よくわからないですが…。

コミュニケーションがうまくいかない理由は、女性のコミュニケーションで必要とされる要件を満たさずに、男性脳の反応のままに会話するため。なので女性の求める要件を満たした会話で話が通じますよ、とのこと。

この本を検索するといろいろ出てきますね。

しかし男女の脳に違いは無い、みたいな意見。どうなんでしょう。

個人的に男女が全く同じ、には感じられませんが…。一方で個人差があり、ひとりひとりも違うので、簡単に一般化できることとできないことがある気がします。

まあとりあえずスパイダーマンとかは、スパイダーパースン、ってことで。

 

 で、健康余命の話は?

調査結果は、男性一人だと食生活や健康に良くない習慣になりがちなのでは?と

勝手に思ってます。

私の両親は私が大学生の時から別々に暮らしていました。調査の条件に当てはまります。一人で暮らし始めたところ、父は確かに、徐々に不健康になっていき、タバコも前の倍吸うようになり、結局肺がんになり、亡くなりました。母は健在です。

タバコは母と一緒だったころは、家で吸うなとか言われていたので、控えていました。また定期的に歩くなどして健康に気を使っているようにみえました。

しかし一人で暮らし始めたら、父は健康に気を使わなくなっていきました。

別々に暮らし始めたころは二人とも意気揚々としていましたが…。

健康に良くない習慣で、という理由の他にもいろいろ考えられます。

調査結果は過去の人たちのものなので、これからまた変わっていくとも思います。

健康にいい食材が簡単にコンビニで手に入るように変わったりしていますので。

まあ統計上の結果は絶対的なものと思いますが、ひとりひとりの人が

平均値にならないとも思います。

年齢が上がっていくと、配偶者がいる場合と独りの場合での健康余命の差はなくなっていきます。年齢があがると健康余命も縮まりますから。

本には結婚の真実が?

本の最後の方で、「結婚の真実とは」とか書いてありました。

少しネタばれすると、男性は結婚してもいいこと無い、とのこと。

そうなのかどうか?これもひとりひとり捉え方次第で違う気もしますが…。

 

今回の記事は、健康に留意して健康余命を伸ばしたらいいのでは、というお話でした。

ありゃりゃ、また単純化しすぎかな…。 

 

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。